のんびりゆったり一人暮らし

初めての一人暮らしでも安心な一人暮らしのあれこれを紹介中!

一人暮らしでペットを飼うときに考えておきたいこと

ペットは一人暮らしのさみしさを軽減してくれる貴重な存在でもあります。
最近は動物を飼うことができる賃貸物件なども増えているため、一人暮らしを機に動物を飼おうと考えている方も多くなっているようです。
しかし、一人で住んでいるという事には動物を飼ううえでリスクが高いのだという事を意識しておきましょう。
一人の場合、旅行などで家を数日空ける際に家で面倒を見てくれる人はいません。
冷暖房をきちんとして出かけるとはいえ、停電などでエアコンが止まってしまい、飼い主の留守中に熱中症になってしまった動物も多いのです。
信頼できる預け先を探しておくという事も飼いはじめる段階で必要になるでしょう。
ペットの性格によっては預けられることがストレスになる場合も多いので、事前に練習しておくなどという事も必要です。
旅行に行かないと思っていても、急な入院やお葬式などやむを得ず家を空けることもあるのです。
こういった準備をしっかりしておくことがペットライフの第一歩といえるでしょう。

一人暮らしにおけるペットの世話の注意点について

近年の生活様式の多様化に伴いペットを飼育する世帯が増加しています。
特に一人暮らしを営む人の中には家の中を賑やかにする目的でペットを飼うケースもありますが、留守にしている間の自宅でトラブルが生じないように安全性を確保することが重要になります。
住宅内をペットが動き回ることで配線や配管などの設備が破損してしまうこともあるので、事前の予防策が必須になります。
その一方で、飼育している動物の品種によっては行動に制限をかけると心身に大きな負担が生じることがあります。
躾を施すことで粗相を抑えることが可能ですが、動物に強いストレスを与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。
一人暮らしを営む場合、自分が長時間留守にすることを考慮したうえで飼育する動物の品種を選ぶように心がけるのが飼い主としての責任になります。
特に賃貸物件の場合は建材の損傷などのトラブルを避けるために、必ず家主と話し合ったうえで飼育の許可を貰うように心がけます。

おすすめWEBサイト 5選


皮膚科 渋谷


最終更新日:2020/5/29

『一人暮 ペット』 最新ツイート

copyright(c) 2015 「のんびりゆったり一人暮らし」 all rights reserved.